検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉政策一考

2011.11.14
昨日、新神戸駅のトイレでの出来事。

かなりご高齢の男性が私の直前にトイレに入りました。

歩みは遅くおぼつかない様子。

最近のトイレには必ず手すり付の便器があるのでそこで用を足すものと思っていましたが、そのご老人は普通の便器の前に立ちました。

しかも便器から離れたところに。

結果、辺りの小便をこぼし、辺りを汚した挙句、何事もなかったように出て行きました。


たまにトイレで便器の辺り一面に小便がまかれている光景に出会うことがあります。

何をするとこんなことになるのか常々不思議に思っていましたが、ようやく合点が行きました。

おそらく同じようなことがことが起こっているのでしょう。


年を取れば体の動きが悪くなるのは当たり前のことです。

小便の出が悪くなるのもよく聞く話です。

しかし、高齢者だからトイレを汚しても良いと言うことにはなりません。


お年寄りたちは自分たちが活躍できる場を求めています。

年寄りのやりたい放題の後始末は、本人たちにやらせてあげるのが思いやりというものです。

トイレを汚したら、きちんと掃除をする。

そういうことを徹底させるのが正しい福祉政策だと思いますよ。




続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。