検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前らゼロか。

2011.10.31
「お前らゼロか。ゼロの人間か」

テレビドラマ「スクールウォーズ」で109対0という大差で負けた川浜高校ラグビー部員を滝沢先生が鼓舞する際のセリフです。

このドラマが放映されたのは、私が高校生になった頃でした。


校内暴力が社会問題となった時期でもあり、ドラマではそんな学校を立て直すものでした。

私が通っていた中学校は荒廃し、先生が殴られケガをしてことが全国紙で報道されるは、校舎が放火されテレビ局は来るなど悪いことで有名でした。

金八先生を始め、ドラマにはスーパーマンのような先生が活躍していましたが、私の中学校にはいませんでした。


そんな中学時代を過ごしたので生徒のために熱くなる先生を待ち望んでいたのかもしれません。

そこに現れたのが「スクールウォーズ」でした。


同じ高校生に109対0で負け、いつも通りへらへら笑ってごまかしてきたラグビー部員が冒頭言葉で胸に秘めていた悔しさを吐き出します。

高校生になったばかりの私にも足りなかったのが、悔しさを出し切ることでした。

一所懸命に取り組んだことがうまくいかなければ悔しいのが当たり前です。

逆にうまくいかなかったことに悔しさを感じないのは真剣にやっていないなによりの証拠。


このシーンは何度見ても感動します。

最近の「癒されない」などという他力本願の感覚がいかに駄目か教えてくれます。

うまくいかないことに凹んでいる時間などありません。

できるまでやる。それしかありません。





続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。