検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社交辞令

2011.09.25
世の中から「社交辞令」がなくなったら困ることってあるでしょうか。

ふとそんなことを思ったので、ちょっと言葉の意味を調べてみました。


「日常から行事、風習などといったあらゆる場面での人間付き合いにおいて、物事を円滑に進めるために望ましい

とされている挨拶や相手を褒める言葉」



常々思うのですが、いい加減なことや適当なことと社交辞令とはどう違うのでしょうか。

結果として嘘であっても社交辞令と言えば許されるのでしょうか。


特に仕事に話であれば、思わせぶりな物の言い方は相手に間違いなく迷惑を掛けます。

必要ないものははっきりと「いらない」と言うことが思いやりだと思います。

また、はっきりと断ってくれる人のほうが親切だなと思うのは私だけでしょうか。


社交辞令禁止という法律ができても、私にとっては困ることなど何一つないような気がします。

逆に法律で取り締まったほうが接待などがなくなって良いんじゃないのかな。

談合と一方的に「犯罪」にしたのだから「社交辞令」も使ったら「犯罪」しても良いと思うが。


まぁ、政治家と公務員が困るような法律は作られるわけないけど。






続く


スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。