検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の順番

2009.09.09
今日、引継ぎと退職の挨拶を兼ねてお邪魔したクライアント先での出来事。

部長の機嫌がよろしくない。

聞くところによると、経理担当のスタッフがなっていないとのこと。

今年の決算はもたもたできないとの危機感の表れのようだが、経理のことを知らない人が上司になると経理の担当スタッフが苦労する典型的なパターンである。


どうも営業や技術系の目でみると経理はすごく簡単な作業に見えるらしい。

「○○はこうすれば良い」

「書き出した作業を順番に処理すれば良い」

「なんでそんな簡単なことができないんだ。」

よくもこう抽象的かつ簡単に言ってくれるものだと思う。

経理はお金を扱う。

その分、気も使う。

また、担当スタッフが女性だと来客の応対などでも知らぬ顔で仕事に専念することは、真っ当な常識のある人ならできないことである。


仕事が上手く完了しないのなら、なぜ出来ないか。

その原因をスタッフの力量に求めるのではなく、職場の環境がどうか評価するとか。

評価する上司に経理について評価する能力がないとか、スタッフを責める前に検討すべきことはあると思う。


今日の件では、上司の問題があると思う。


この部長さんは、経理担当者がきちんとできないから、経理作業のマニュアルと作るという。

少なくとも、マニュアルは経理作業を完全に理解している人が、他の人が見てもわかるように作ることが基本である。

経理作業が完全にわかっていない人が、経理作業のわかっている人から話を聞いてマニュアルを作れと言っても、それは無理だ。

この会社の問題点は、きちんとやろうとしているスタッフに向かって、あれもこれもと仕事をふって、何も完了できないようにしている上司が一番の問題であると思う。


頭のいい人は、やってことないことでも頭の中で抽象的に考えるだけで出来ると思う癖があるようだ。



続く


スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。