検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Win-Loseの関係

2009.08.31
スティーブンRコヴィー博士の「七つの習慣」に「Win-Win」の関係が重要であるという話が出てくる。

会社経営においても取引先との関係を構築するために当たり前のように言われている話である。

うちの社長も口では「Win-Win」の話をしているのだが、私がこれまで見てきた限り残念ながらきちんと意味を理解していない。

うちの社長に限らず、世の中の会社経営者のほどんどは「Win-Win」の関係について理解などしていないのだろうと思う。

十中八九のビジネスの関係性は「Win-Lose」の関係である。

なぜか。

答えは簡単である。

社長と従業員の関係が「Win-Lose」の関係(すなわち、俺が満足なら、お前はどうでもいい。という関係)だからである。

そして性質の悪いことに力関係がストレートに反映される「Win-Lose」の関係は多くの人にとって子供の頃から刷り込まれているので、すぐに伝染するのである。

多くの会社ではお客様と直接やり取りするのは、社員である。

社長がいくら口で「Win-Win」の関係を作れと言っても、社員が「Win-Lose」の状況しか知らないのだから理解できるわけがない。


私は恵まれており、これまで多くの学びを得てきた。


これから私の会社では「Win-Win」の関係を構築する。

まずは、仕事以前に大切な妻との関係で作ることからはじめる。

妻のビジネスの成功は、すなわち私の成功であり、私のビジネスの成功は、妻の人生の成功でなければならない。

私は妻を信頼し、私は妻から信頼される社長になる。


まだ、私のビジネスは世の中に現れていないが、私の心の中には生まれている。

これから構築していくのだ。


乞うご期待。



続く






スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。