検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の世話

2011.01.27
今日の夕方近くのこと、母から携帯に電話がありました。

昨夜も病院で診てもらったが、父の鼻血が止まらない。

ちょっと助けに来てくれないかという内容でした。


あわてて仕事の手を止め、車で実家に向かいました。

父の様子はいつも変わらずでしたが、病院に出かける支度をして動くと鼻血が出てきます。

取り急ぎ、父と母を車に乗せて、かかりつけの病院に向かいました。


幸い、診察を受けるころには鼻血は止まり、深刻な事態ではないことが解り、ほっとしました。

どうやら、今週から処方されている薬の影響のようです。


年を取るとどうしても体調が一定しません。

母には、いわゆる「老老介護」になるかもしれないという不安があるようです

病院からの帰り道、母の友達が老人施設に入所している話をしました。

父とも二人で老人ホームに入るかどうか話をすることもあるようです。


両親を送り届けた実家からの帰り道。

今日の両親は、私の30年後なのだとしみじみと思いました。

人間に限らず、生物には寿命があります。

父の世話もまだ健在だからできるのであって、両親を失くしている友達はやりたくてもできないことなのです。


つい、生きていることが当たり前と思いがちですが、今夜眠って、明日の朝、目を覚ます確証などどこにもありません。

毎日を大切に生きる意識は忘れてはいけませんね。





続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。