検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口は禍のもと

2010.11.08
「口は禍のもととは、古くからの格言であるが、たとえ自分を犠牲にしても、自分に確信があるならば、

言うべきことは言わなければならない。

もし、確信を持てない言葉、ことに他人の身の上に関する言葉は、簡単に口に出すものではない」

武士道を貫いて生きるための366の格言集  新渡戸稲造 著より


子どもの頃から、両親によく言われたものです。

振り返ってみると、反省点がいくつもあり、そのときの教訓を私は活かしているつもりでした。


しかし、人生万事塞翁が馬ではないですが、何が禍し、何が幸いするのはわかりません。

なので、あまり最近は気にしないようになりました。


事実は何か。何が正しいのか。ということを念頭に置いておけば、そのときは誤解を受け、禍したと思ったとしても、誤解はいつかは晴れますし、良心も痛むことがありません。

解ってもらえなければ、それまでだということです。


11月は、子どもの頃からゲンの良い月です。

手から離れていくということは、新しいもっと良いものがやってくる吉兆です。

そんな期待をしています。




続く



スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。