検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナル

2010.10.17
NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」が復活しました。

今日はスペシャルということでなんと松本人志氏を密着取材。

ただ、私はダウンタウンの漫才を見たことがないため、松本人志氏が多くのレギュラー番組を抱え、「天才芸人」と呼ばれている理由を全く理解していません。


過去の放送で一番好きだったのは、装丁家 鈴木成一氏の仕事です。

再放送も観て、DVDも持っています。


鈴木成一氏は、本の表紙のデザインを手がけています。

多くのベストセラーを手がけていることから、出版各社はこぞって鈴木氏に仕事を依頼しています。

私が鈴木氏の仕事ぶりに感銘を受けたのは「自分の仕事には正解がある」と言い切ったところです。


締め切りが来ようがお構いなし。

自分が納得するデザインができるまで何度でも作り直す姿勢は見習いたいのもです。


そのバックボーンにあるのは、若い頃の苦い思い出。

依頼された仕事をしても代金を払わないなど、出版社の不誠実さであったといいます。


それ以来、鈴木氏が貫いている信念は「仕事をください」と言わないことと、自ら相手先に出かけない。すなわち用があるなら、事務所まで来いという姿勢です。

そのうえで鈴木氏はプロフェッショナルの条件を「次の仕事の依頼があること」と述べています。


私が憧れている鈴木氏の姿勢のうち、真似ができているのは「仕事をください」と言わないことです。

そのうち、仕事の打合せも私が出かけるのではなく、事務所に来ていただくスタイルにする予定。

それでも、次の仕事の依頼があるプロフェッショナルになるのが目標です。


メルマガ「週刊生活発見伝」好評配信中です。



続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。