検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永久に勝つ人

2010.08.02
「武士道を貫いて生きるための366の格言集」 新渡戸稲造 著より

「勝敗はどちらにあるかと聞いたならば、賢い者とそうでない者とでは答えが違ってくる。

馬鹿や狂人は負けても勝ったと喜ぶが、賢い知恵者は、そのときは負けたようにして永久に勝つものである」


時として思いも寄らないところでライバル視されていることがあります。

高校生がテストの成績で負けたくないとライバル心を燃やされる程度のことなら、まだ可愛いものですが、職場の人間だと困ったことも起きます。


以前のことですが、ライバル心というか嫉妬心に凝り固まったような同僚がおりました。

ある仕事を一緒にしていたのですが、あからさまに私を指示を無視して仕事をやらず、挙句に期日当日は突然休んでしまいました。

当然、期日に仕事の報告はできません。

私は慌てて状況をまとめ、今後の予定を立てました。

そして、結果を持って私の上司がクライアントのところに謝罪にいきました。

たまたま、その後作業は、この人抜きで進めたので順調に終わり、大事には至りませんでした。


この人にすれば、私を追い落とすためにわざと仕事をやらずに期日当日に休んで楽しかったのだろうと思います。

ただ、この人は浅はかですね。

私を困らせて、内心勝ったと思っていたのでしょう。


でもこの人が証明したのは、社長以下全員に、この人が職場にいないほうが良いということだけでした。

私はこの一件で大切なことを学びました。

「邪な考え持つ人間は、勝手に自滅する」ということです。

腹は立ちますが、静かに構えるのが一番の得策です。

余裕があれば、困ったような顔をしてあげると喜ぶようです。


最近もありました。

売掛金を踏み倒されましたが、この授業料、負けたように見せて永久に勝つ礎にします。




続く


スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。