検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識と知恵の違い

2010.06.11
「ニセモノ師たち」 中島誠之助 著

この本を読んでいて印象的だったのが、古美術などを研究してきた学者がよくニセモノに騙されるというところ。

論文が書けるほど学術的な知識はあっても、学術的な特徴を模したニセモノを見抜くことはできないという。

常に本物に接することでしか得られない、それが職人の知恵なのだろう。


同じような話に、宮大工 西岡常一氏が著書「木のいのち 木のこころ」でこんなことを言っていた。

古代建築を勉強するのに、実際に目の前に立っている建物から学ぶ。

建築学と言っても、昔の大工が建てた建物を研究して学問にしただけなのに、今では最初に学問ありきになって、本末転倒だと。


学問は多くの人が同じように学ぶために体系づけられ、まとめられたものである。

実際の学びは同じ経験をしても、どれだけ深く学び取るか、その人の感受性による。

そこにプロとしての差が表れてくる。


私の業界も同じである。

国家資格を持っているからと言って、誰でも相当のレベルにある訳ではない。

人により相当のバラツキがあることを承知しておいてください。


それと経験年数も長ければ良いという訳はない。

経験10年といっても、一年分の経験を10回繰り返しただけかもしれない。


何にしても専門家を選ぶときは、ゆっくりと選び、切るときはすばやくが鉄則です。




続く


今月からメルマガが始まりました。

http://www.insideout-ei.co.jp/

「週刊生活発見伝」

ライフプランの改善に役立つ情報を毎週お届けします。

どうぞよろしく

スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

はじめまして。

いつもためになるエントリーありがとうございます。
リンクいただいて帰ります。
不都合があればご連絡下さい。

エントリーから外れるかもしれませんが、
父親の違う12個下の妹がファイナンシャルプランナーです。
出身大学も、持ってる他の資格も立派で、
諸事情から疎遠ではありますが、私は彼女の事が結構好きです。
彼女の方も目指すところは、「ウチの家庭」だそうです。
歳の功と苦労の分、生きる知恵は若干身につけたよな~と自画自賛。
はじめ、専業主婦の私には、ここのエントリーは無縁に感じましたが、
ここにはいろんな知恵が詰まってる事に気がつきました。
これからも楽しみにしてます。

ありがとうございます。

コメントいただきありがとうございました。

暖かいお言葉をいただけることが何よりの励みになります。

これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。