検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロとは

2010.05.17
「人間・王貞治」 安枝新ご(人偏に「吾」)著より

王さんの野球観は、ストレートで厳しい。

プロという範疇で括れば、野球は素質が七割という。

殊に打球を遠くまで飛ばすことは努力では、どうにもならない面がある。

王さんは言う。

「俺と同じ練習をしたからと言って、みんなが同じように本塁打が打てるようにはならない」


プロが求めるのは、牛やロバではなく、サラブレッド。輝く原石を磨いてこそ、さらに人を惹きつける光を放てるのだという考え方である。


そして常に「恐れ」を抱いていた。

「現役22年目の最終年でも、初打席は足がガクガクと震えた。それがあったから俺はあれだけやれたと思っている」

打てなければ、来年は契約してくれるだろうか。

けがをしたら、明日から稼げなくなる。

そんなことを考えるから自分を律することができる。

恐れがなくなれば人は動かなく。

謙虚になることもない。

王さんですら、いつもこんなことを考えていたのだ。



人生いつも崖っぷち。

だから必死になる。

これでいいのだ。




続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。