検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一流」と「三流」の違い

2010.04.26
「133キロ怪速球」 山本昌 著より


「今も昔も「一流」と「三流」は否応なく分かれてくるだろうが、つきつめれば自分自身を見つめる「鏡」をもっているか否か、そこにあるような気がする。」

そして、かつての同僚、立浪選手をこう表現している。

「遠くへ飛ばすパワーの持ち主でもないのだが、今の自分に何が必要か、何が足りないかを的確に分析するという点では、すばらしい感覚の持ち主だ」


毎年、ドラフトで新入団選手のニュースは大きく取り上げられる。

しかし、新入団選手を受け入れる人数分だけは間違いなく、ひっそりと辞めていく選手がいるのだ。

どの選手も一生懸命に練習をする。

その中で「芽」出るか否かの差は紙一重。

違いがあるとしたら、「鏡」の有無、もしくは「自己分析力」とだろうと山本投手は言う。


仕事をやっている自分の姿を思い浮かべたことがあるだろうか。

お客様からどんな風に見られているか、それだけ評価されているか考えたことがあるだろうか。

給料は、お客様から頂くお金であることを忘れてはいないだろうか。


落ち着いて身の回りを見渡そう。

誰のせいでもない。

今の自分があるのは、すべて自分の思考、行動の結果である。


今の自分に何が必要か。

今、自分は何をしなければならないか。

よく考えてみよう。


そして、答えが見つかったら、早速明日実行しよう。





続く




スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。