検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の春休み

2010.04.04
「最後の春休み」 松任谷由実さんの作品。

この季節に一番心にしみるのは、この曲ですね。

春休みに誰もいない学校に忘れ物を取りに行って、三年間も思い出を振り返るという名曲。


「もしも、出来ることなら同じ時間にずっとずっとうずくまっていたい」の歌詞。

私も高校を卒業するときに同じ気持ちになりました。

人は居心地のいい環境を作ってしまうとそこから離れることができなくなるのでしょう。


その点、学校はいいですね。

強制的にクラス替えもあるし、卒業もある。

居心地のいい環境に安住することを許さない。


そうでもしないと人は変わることも成長することもできないのでしょう。

一度手に入れたものや人間関係を手放すのは惜しいものです。

しかし、いつまでも古いものにしがみついていても、今まで以上のものは手に入らない。


古い自分を捨て、早く新しい自分に着替えよう。

最初は居心地が悪いかもしれないが、新しい自分が居心地のいい環境を作ればいいだけ。

今日は心の最後の春休み。






続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。