検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を許容できる度量

2010.01.28
人生、平穏無事であることに越したことはない。

しかし、そうは言っても日々、色々とあるものである。

特に人のなすことについては、何かと気に入らないことは多い。

だからと言って、その人が悪いわけではなく、恐らく気に入らないと思う自分のほうが悪いのだろう。


人を許容できる度量が小さいならば、自分の懐の小さいことや器の小さいことを恥じるべきである。


新渡戸稲造著 「武士道」より


いつの頃からだろう。

世の中のほとんどの人がイライラしているように感じる。

さらにイライラしている原因を他に求め、自分を正当化するような風潮すらある。

細かいことは何も言わない。


人を許容できる度量が小さいならば、自分の懐の小さいことや器が小さいことを恥じるべきである。
(私は真っ先に態度を改めます)





続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。