検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッターボックスに立つ

2009.12.17
今日の日本経済新聞夕刊のコラムより。

何事もバッターボックスに立つ。

何事にも常にチャンレンジしていく姿勢の例えである。

草野球をやっている私にはぴったりくる、すごく良い言葉である。


誰かがやってくれるのを期待するのではなく、常に自分が決める心構えでいないといざという時に気後れをする。

チャンスで自分に出番が回ってくることを常に願い、守備でも自分のところに飛んで来いと願う。

私は、いつもそんな思いでグランドに立っている。


チャンスで以前のように打てなくなり、三振が多くなったが、チャンスに出番がなければヒーローになることはないのである。

守備でも、打球が飛んでこなければ見せ場もない。


自信がないから、バッターボックスに立つことを躊躇する。

そんなことでは、いつまでたっても何もできない。

ましてや、結果だけを見て、他人を批判しても何も起こらない。

それなら打てないことをいつも批判される側にいたいと思う。




続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。