検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火の写真

2011.07.31
昨夜は桑名の水郷祭り花火大会の見物に行ってきました。

ここ数年は、リーマンショックのよる景気低迷で少し寂しい感じがしていましたが、今年は華やかなでしたね。

何となく雰囲気が伝わる写真が撮れました。



SN3I0620.jpg


今年の盛り上がりが景気にも繋がることを期待しています。






続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

自分が変わる

2011.07.29
昨日の続きです。

公認会計士として独立し、毎年事業を拡大してきた自負がある人がそれまでの価値観を変えたり、自分を変えたことがすごいですね、

きっかけは、期待していたスタッフの退職だったそうです。


曽根さんは引き止めるために改善することがきちんと対応するから何が悪いのか教えて欲しいと聞いて、帰ってきた答えはこうだったとのこと。

「事務所のすべてが嫌です」


自分が変わらないと経営の改善はないと確信したそうです。


事務所の経営方針である「お客様第一主義」も、実はお客様の懐にあるお金第一主義だったこと。

お客様を大切にすると公言する前に、自分の家族を大切にすること、次に社員を大切にすること。

それらをすべて実践すること。


どんなすごい勉強をしても学んだことを使って活かさない限り、何の役にも立ちません。

どんなに経営を学んでも、自社で実践しないと全く意味がないのです。

そして何よりもプライドも何もかも捨てて、そのことに取り組んだ曽根さんが素晴らしい。

久しぶりに心から尊敬できる人にお会いしました。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

価値観の本質

2011.07.28
今朝は熱田区倫理法人会に出掛けてきました。

先日、活力朝礼発表会で夫婦朝礼を披露してくださった曽根康正氏の講演を聴くためです。

私も20年以上、公認会計士の事務所に勤務していました。


曽根さんも事務所経営、特に社員に関しては色々とご苦労があったようです。

年間に8人も社員が退職する事態に直面し、価値観を変えること、己自身を変えること、経営理念の解釈を変えることなどに取り組み、社員の定着率も改善したとのことです。


私の前職の思い出もあるので、詳しいことはまた明日にいたします。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

まず早起きから

2011.07.27
今日は私が所属している名古屋市中川区倫理法人会経営者モーニングセミナーにCoCo壱番屋の創業者である宗次徳二氏が講演に来られました。

宗次さんのお話を聴くのは二回目ですが、相変わらず軽妙な語り口で楽しい話をしてくれます。


創業されたCoCo壱番屋も全国に1000を越える店舗がありますが、そこまで大きくなった理由をこう語っていました。

・値段を下げないこと
(ちなみにCoCo壱番屋は創業以来、一度も値下げをしたことがないそうです)

その理由を宗次さんはこう言いました。

値段を下げて「どうか食べに来てください」という商売は楽しくないからやりたくない。


この点は私も同感です。

今日も値段で勝負するのではなく、提供する商品で勝負する。

時間は掛かるがこれが一番だと宗次さんは言います。


あとは社長が早起きしてしっかり仕事をすること。

宗次さんは、毎朝3時55分に起き、4時から仕事をするそうです。

帰りがどんなに遅くなっても起床は3時55分。


早起きのついては宗次さんに限らす、色々な方が同じ事を言っています。

これは早起きするのは自分の意思だけだから、すごく簡単だからでしょう。

いわばそんな簡単なこともできない人物は仕事もできない。ということなんでしょうね。

まずは早起きから。




続く




テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ギャップの大きさ

2011.07.26
色々な勉強会などに出掛けていくと色々な人と出会います。

世の中には本当に千差万別の言葉の通り、様々な人がいます。

リーダーとして方向を指し示す人。

みんなの意見をうまく調整する人。

行事をうまく仕切る人。

周りの人の動きばかりを見てる人。


最近、つくづく感じるのが集まりの目的と実際の活動のギャップやそこで活動している人の本来の役割と実際にやっていることのギャップです。

多くの人が集まる行事でみんなの前で話すことと実際にやっていることが違う人に会うとがっかりします。


こんなことを書くと笑われそうですが、あまりに酷いことが多い。

今の政府も色々と批判されていますが、どこも同じようなレベルなのでしょう。


私がやるべきことはひとつ、同じ轍を踏まないこと。

高校時代、部活に「シゴキ」というものがありました。

一年生のときは、何の練習なのかわからないようなことをヘロヘロになるまでやりました。

そのとき感じた上級生やOBの理不尽さを断ち切るために私は下級生に同じことをやりませんでした。


世間で出会う人は、皆師匠です。

反面教師も含めてですけど。




続く



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

シェアハウスという考え方

2011.07.25
「シェアハウス」という言葉をご存知でしょうか。

言葉の通り、他人同士が共同で家を使用すること指します。

ここ数年、お年寄りが亡くなった状態で発見されるいわゆる「孤独死」がニュースになることがあります。

社会とのつながりがあり、元気なうちは気がつかないことかもしれません。

しかし、年老いたとき周りに誰もいなかったとしたらどれだけ寂しいでしょうか。


そんな事態にならないように今から準備できることはなんでしょうか。

ひとつは家族との信頼関係をきちんと築いておくことです。

そしてもう一つは、信頼できる友達を作っておくことです。


「シェアハウス」は単なる共同生活ではありません。

誰と一緒に住むのかが非常に大切になります。

あなたは誰と一緒に住むか、選ぶ立場であると同時に選ばれる立場でもあります。


いいか加減に生きて、困ったら誰かと共同生活するか、なんて考えていても誰もあなたと一緒に生活したいと思わないでしょう。

日頃からきちんとしていることが基本だと思いませんか。

将来のことはどうなるか分かりませんが、きちんとした生活をして不利益になることはありません。

今からできることをきちんと実行しましょう。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

知られていないこと

2011.07.24
最近、知り合いにいつもと違う話題で盛り上がると「意外な一面を見た」と言われます。

私自身は何も変わっていないのですが、知り合いと言っても私の一面しか見ていないのだから当たり前ですね。


何気ないやり取りですが、この一件に大きなヒントがあるような気がします。

すなわち、特定の一面でしか付き合いがないということは仕事の間口も狭いということなのです。


仕事は結局、人がやることです。

人間が持っている色々な面の中に仕事のニーズがあるかもしれません。

知らず知らずのうちに自ら狭めていたのなら改めないといけません。


私は相手のことをなるべく知ろうとしますが、話をするだけではたかが知れています。

それは相手も同じこと。

なるべく相手に自分のことをわかってもらえるように努力しようと思います。




続く




テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

再起動

2011.07.22
先月の終りに知り合いのお誘いで「出版セミナー」に参加しました。

いつかは自分の本を出したいと思っていたので原稿を持参して参加したのですが、現実には原稿の善し悪しで出版が決まるのではなく、出版社のニーズに合った企画を通してから原稿を書くという現実を知りました。


確かに殊にビジネス書に限れば、タイトルは目を引くものの内容がほとんどないようなものが増えているのも事実。

その中でブログやメルマガでどれだけ有益な情報発信をしているか考えさせられました。

私の場合、ただ続けているだけというのが現実だったのです。


それで一度続けることが目的になっていたことをすべて止めてみたのです。

もともときちんとした情報を発信していればそれなりに感じるものがあったのでしょうが、残念ながら私は大したことをしていませんでした。


ですから、何気なくまた気楽に始めています。

今日も大層に「再起動」なんてタイトルをつけていますが、つけないと休んでいたことすら気づかれないので付けてみただけです。

一瞬、道に迷ったようですが、何気なく戻ってきました。

今後は、ファイナンシャルプランナーらしい内容を少しずつ加えていくつもりです。

よろしくお願いいたします。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

オチのない話

2011.07.21
今日は友人の誘いであるセミナーに参加しました。

免疫の役割とその力を高めると病気にならないという内容なのですが、講師が勤務する会社の商品を服用するとさらに効果が高いという話が所々にちりばめられていました。

それから驚いたのは結局その話だけで終わったことです。


無料のセミナーに参加すると最後にセールスが来ると身構えてしまうのが癖になっているので、何かオチのない話を聞かされたような感覚も憶えました。

良い話は多くの人に聞いてもらいたいと思うのが普通の感覚です。

その点、今日は善意の話を聴くことができて良かったです。


ただ、それが不自然に感じる環境にというのはどんなんでしょうね。

とっさに「うまい話には裏がある」と身構えることに慣れすぎていると見過ごしことも多いのかもしれません。

結局は誰がその話を持ってきたかで判断するしかありません。


日頃の言動が大切ですね。




続く


テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

考え違い

2011.07.21
ここ二週間ぐらい前から左手の薬指の第一関節辺りと右手の親指の付け根に痛みを感じています。

指で軽くさすると痛みはなくなるのですが、しばらくするとまた痛みだします。

何か体に原因不明の痛みが出るときは、自覚はなくとも邪な考えがあるときです。


体の不調と同じように仕事も便秘のように詰まっていることばかり。

ある商品などはスポンサーの了解を得たというのに一ヶ月以上も制作に入りません。

またある会社からは成年後見制度の勉強会の講師を話をいただいたのですが、こちらも詳細が全く決まっていません。

そうそうフェイスブックでも勉強会の講師の話が来ましたが、その後何の進展していません。


色々と声をかけていただけるようになったのは大変光栄で喜ばしいことです。

さらに具体的に仕事になるともっと嬉しいのですが、まだまだですね。


私自身に何か原因があり、それが指の痛みや仕事の滞りに現れているように気がするのは、気のせいでしょうか。

無自覚のまま、何か考え違いをしているところがあるのかもしれません。

近いうちに倫理法人会の相談役にアドバイスをもらおうと思います。


自分ではわからないことというのは意外とあるものです。

突破口になることを期待しています。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

心地よい言葉

2011.07.19
最近のビジネスの潮流はジョイントやシェアリングです。

お互いの専門分野を活かす仕事や信用できるビジネスパートナーを紹介することがその内容。

一見、いわゆる「Win-Winの関係」が作れるので一緒にやろうという話にはなりやすいようです。


「Win-Winの関係」すごく心地の良い言葉ですね。

前職のときからこのような話を持ちかけてくる人はいました。

ようやく気づいたのですが、このような話に乗るのは仕事をやったことにない人ですね。

恥ずかしながら私も仕事をやったことのない人のひとりです。


元来、お人よしな点も付け込まれる原因かもしれません。

一緒に仕事をするなら価値観を共有できる人ということをこれまで散々書いてきながら、自分自身のことを棚上げしていたようです。

私が社員を雇うのであれば、価値観の共有だけでも良いかもしれません。

しかし、ビジネスパートナーであれば、それに加えてフェア(誠実)であることも必要です。


一緒に仕事をするのが先か、相手の誠実さを見極めてから仕事を頼むのが先か、それはそのときの判断になるでしょう。

私が幸運なのは、スタッフを雇う前にこのことを学べたことです。

価値観を共有するためには理念が必要です。

理念を実現するには、ルールと仕組みが必要です。

手を抜けば、そのしっぺ返しは必ず我が身に降りかかるのです。

判断が誤っていたと気づけば、すぐにやり直す。

まずはそこからですね。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

なでしこジャパン

2011.07.18
女子サッカー日本代表チーム。ワールドカップ優勝おめでとうございます。

今朝は4時前に起きて観戦しました。

試合開始早々から眠気が吹き飛ぶアメリカの猛攻。

素人目に見ても解る明らかなチーム力の違いに5点ぐらい取られて負けるのではないかと思いました。

ところが終わってみればスコアこそ2対2ですが、PK戦の末、日本が優勝しました。


明らかに体格が違う相手でも”柔よく剛を制す”日本の特徴がよく現れていましたと思います。

そして決して諦めない気持ち。

観戦している私のほうが失点すると勝手に「これまでか」と思っていましたが、そんなことを考えている選手はいなかったのですね。

どんな心構えで試合に臨んだのかすごく興味があるところです。



今まで女子サッカーの試合をじっくりを観たことはありませんでした。

今回初めて試合を観戦し、男子サッカーとは違う魅力に気づきました。

この快挙をきっかけに「なでしこリーグ」を盛り上げていきましょう。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

こんな格言

2011.07.17
以前読んだ本にこんなことが書いてありました。

「うまい話が三回続いたら、騙されていると思え」

実際にこれは事実だと思います。


アメリカからやってきたマーケティングやコーチングが好きな人にはぜひとも憶えておいて欲しい言葉です。

言葉巧みにうまい話で誘い込むのは、彼らの常套手段です。

「洗脳」と言っても良いかもしれません。


私が学んだのはこれらが「他山の石」だということです。

時に理念や実現したい目標の話をするときが特に気をつけないといけません。

理念は大切なものですが、どうやって実現すれば良いのかわからないものではいけません。

目標も今の環境から考えてどうすれば実現できるか具体的なアクションプランを作ることができるものでなくてはなりません。


また、その価値観を他人と共有する必要があるとき、きちんと理解している相手と一緒に行動しないと大変な目に遭うことになります。

以前、ある経営者に「価値観の共有の大切さ」がいかに大切かを教えていただいたことがあります。

そのときは理屈でしか理解していませんでしたが、今は実感できます。


結果として上手くいかなかったときのほうが学びが大きいという意味を良く解りました。

すぐに私自身の行動を改めて、次のステップへ行きましょう。

大切なのはこの教訓を次に活かすこと。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

誕生日に思う

2011.07.11
今日は私の誕生日でした。

これまでの誕生日の思い出といえば、小学三年生のときだったと思いますが、近所の友達が集まって家でお誕生会をしたことが一番の思い出です。

母が私が大好きなちらし寿司を作ってくれ、友達からプレゼントでプラモデルをもらったことを鮮明に憶えています。


そして今日は、違った意味で忘れられない誕生日となりました。

フェイスブックには数え切れないほど、誕生日を祝ってくれる言葉が溢れています。

今までの人生でこれだけ多くの人に誕生日を祝っていただいのは初めてです。


何と申し上げて良いのやら、この気持ちを上手く伝える言葉がありません。

そして改めて思ったのが、私はこれだけ多く人に支えられているということです。

私のやるべきことは支えてくださる方々のご期待に応えること。


期せず今日は今までの人生の中で忘れられない一日となりました。

いただいた言葉を胸に日々精進して参ります。

ありがとうございました。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

襟を正す

2011.07.04
このブログもいつの間にか続けることが目的になっていました。

心機一転し、原典に戻ります。


しばしお休みをいたしますが、襟を正して、内容のある情報をお届けいたします。

それでは。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

じゃあ、どうする

2011.07.03
「じゃあ、どうする」

先日、お伺いした会社の事務所にこの言葉が飾られていました。

社長は年初に書初めしたものです。


シンプルですけど、何かとても良い言葉ですね。

何か始めようとした場合、すんなりと上手くいくことはほとんどありません。

体験からすれば、うまい話は実現しないか、詐欺まがいかどちらかですね。


「じゃあ、どうする」

売上を伸ばすしかないので、お願い営業だろうが構っていられません。

とにかく仕事をして売上げるしかありません。


実現しようと思うのなら、とりあえず浮かんだアイデアを片っ端から実行するしかありません。

出来ることから実行ですね。




続く

失敗を喜ぶ

2011.07.02
物事がうまくいかないのは、考え方ややり方が誤っていることを教えられているのです。

それはそこにいる人が悪いのではなく、自らの思考や行ないが反映されているに過ぎません。

ですから、環境を変えても自分自身が変わっていないため、同じことを繰り返します。


失敗をしたら喜ぶというのは、自分の考えや行ないを直すチャンスをもらったこと喜ぶという意味です。

くよくよ考えない。

腹を立てない。

明るく朗らかに進んでやり直しましょう。


私も色々と動いた結果、残念なことが続きました。

早く結果を得たことでやり直し時間が節約できたと思えば儲けもの。

私も明るく朗らかにやり直します。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。