検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督の力

2010.08.31
サッカー日本代表の監督が発表されました。

アルベルト・ザッケローニ氏。

イタリアでは、セリエAでは、ACミランを率いてリーグ優勝の経験もあるとのこと。

四年後のブラジルワールドカップに向けて、どんなチームを作るのか楽しみです。


南アフリカ大会では、決勝トーナメントに進出したことばかりが取り上げられていますが、岡田監督は「ベスト4」を目指すと明言していました。

事実関係を冷静にまとめると、ベスト4を目指したけれど達成できませんでした。

短いパスをつなぎ、走り、相手を崩すサッカーは結局できませんでした。

ということを決して忘れてはいけないと思います。


ザッケローニ監督がイメージするサッカーに合致する選手を見つけるのか、活躍している選手を統率して一番かみ合う戦術を当てはめるのか。

チーム作りの戦略がまず問われます。

このあたりは、ビジネスでも同じですね。


まずは発想力です。

何をするにしても、頭にやろうとしていることがイメージできなければ何も実現しません。


弊社も今日で決算を迎えました。

明日からは新事業年度です。

発想に限界を作らせないための質問。

「私が全知全能だったら、何を実現したのだろうか」


この質問に対する答えを順番に実行します。




続く
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プランニングノートの作成会

2010.08.30
弊社が販売している「プランニングノート」のユーザー様より要望がありました「作成会」を9月から12月までの期間で開催することになりました。

土曜日または日曜日に開催し、全8回でプランニングノートを完成させることになります。

初回は、オリエンテーションということでマインドセットと行政が用意した制度の説明がメインになります。


参加してくださる方々に有効にプランニングノートを使っていただくためにどんな話をさせていただくか思案しているところですが、改めてマインドセットの重要性を感じているところです。


野球やサッカーに例えると、プランニングノートは道具です。

バットやボール、スパイクやグローブのようなものです。

制度の知識は、ルールの説明ですね。

ノウハウは、イチローの打ち方や本田圭祐の蹴り方を教えるようなものです。


さて、問題です。

道具を揃えて、ルールを覚えて、一流選手の形を教えるだけで上手くなるでしょうか。



なるわけありません。

水の中に入らないで泳げるようになろうとするのと一緒ですからね。


どんなことでも上達するには基本トレーニングと見守るコーチが必要です。

ただ、そこまでにもきちんとしておかないといけないことがあります。

今回の作成会では、それをやります。


それが、マインドセットです。

どんな内容かは、もちろん内緒です。



続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

炎天下のもと

2010.08.29
今日は11時40分から試合がありました。

しかもそのあとも。

そうです。この炎天下のもと「ダブルヘッダー」だったのです。

一部に昇格してから、ほとんど控えにまわっており、昨シーズンはあまり出番がなかったのですが、今年はフル出場も度々。

今日もどちらかの試合で出番があればと高を括っていたのですが、何と二試合ともスタメン、フル出場となりました。

結果は、二連敗。

個人成績は、4打席、3打数1安打1四球。1打点。

ダブルプレーも決めたのだが、チームの敗戦は痛いですね。


エースは、第一試合の途中に熱中症で体調が悪くなり、第二試合は欠場するし。

私も左足の親指の爪が折れ、血豆で爪が浮いています。

右足も親指と人差し指の爪が折れてしまいました。

足が痛いはずですね。


今日の体のダメージが何日で回復するか。


そういえは、9月もダブルヘッダーがある予定です。

涼しくなっていることに期待します。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

自分と比べる

2010.08.28
今日は久しぶりに知多広域農道を車での気持ちよく走ってきました。

抜けるような青空と所々に積乱雲。

丘陵地の雑木林を抜け、水田から渡ってくる涼しい風。

そして、遠くに広がる伊勢湾。

セミの声も行楽に訪れる人々の喧騒も静かになり、心なしか寂しさを感じる風景。

残暑が厳しいとはいえ、夏の終わりを感じる一日でした。


一年前は、お盆休みどころか土日もクライアントの会社へ出勤し、仕事をしていました。

その一年前の自分と比べて、今の自分は成長しているだろうか。

ふと、そんなことが頭をかすめました。


一年前に限らず、私はいつも仕事ばかりしていましたし、今も相変わらずですね。

ただ、その質が大きく変りました。


今日よりも明日。

何か一つでも成長していること確認する。

来年の今日。

私は何をしているのでしょうか。


私が作った人生計画書では、ビジネスが爆発的なヒットを記録し、日本全国を飛び回っている予定です。

自分の成長は、自分と比べることでしか解りません。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

善因善果

2010.08.27
善因善果。

仏教の教理である「因果の道理」のひとつです。

善い思いが幸せを生み出すという事。


勘違いしてはいけないのが、善い事をすれば善い結果が得られるという意味ではないこと。

善い思い、すなわち日頃考えていることから生まれる行動がやがて恵まれた運命を受け取る、すなわち物心両面の人生の幸せを生み出すと言っているのです。


確かに、いつも斜に構えて、ひねくれた物の見方ばかりしている人は傍目にも幸せそうに見えませんし、実際、幸せではなさそうです。

日頃が大切なのです。


善い結果が欲しいために善い事をやるというのは、取引です。

いやどちらかというと「ゴマすり」ですね。

善因善果は取引ではありません。


1年に四季があるように、ビジネスの流れにも四季があります。

土地を耕し、種をまき、水や肥料で世話をしないとビジネスも育たないし、実りもありません。

私も何もないところから始めて、ようやく実りを秋を迎えつつあります。


善因善果というほど高尚なものではありませんが、それなりにやってきました。

私は運が良いので、一番最初に害虫の駆除ができました。

売掛金を踏み倒されるという授業料を払いましたが、縁が切れて清々しています。


さて、どんな結果が待っていることやら。



続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

めんくい

2010.08.26
近所にある手作りスバゲティ「RUCCI(ルッチ)」さん。

詳しくはこちら⇒http://ggyao.usen.com/0001004981/

このお店は、「あんかけスパゲティ」がとにかく美味しいです。

私は、めんくいなので美味しいと評判を聞けば、どこまでも食べに出かけるのですが、数々食べてきたあんかけスパを美味しいと思ったことは、これまで一度もありませんでした。

ちなみに地元のグルメ番組で取り上げられたお店もその中には含まれています。


ところが、ある日、ルッチさんのあんかけスパを食べたら、美味しかった。

名古屋めしが一時ブームになりましたので、「ひつまぶし」「手羽先」などと共に「あんかけスパ」もご存知かと思います。


そのルッチさんがお奨めが「あんかけ豚キムチ」。

今日のお昼に早速、食べてきましたが、これが絶品。

美味しいものを食べると間違いなく幸せになりますね。





続く


テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

良質な経験の積み方

2010.08.25
「フリーライダー」あなたの隣のただのり社員  河合太介、渡部幹 著より

仕事などで過去の経験などの話になると「○年の経験がある」という話になります。

ただ、気をつけなければらないのは、単に経験を積めば良いというわけではないということです。


以前にも同じようなことを書いたことがありますが、1年あれば十分身につくことを例え10年続けても、毎年同じことの繰り返しですから、実質の経験としては1年分ですね。

なのに10年の経験があると錯覚している人がたまにいます。

例え経験年数が短くても、仕事がきちんとできる人もいます。

経験を無駄に重ねている人と良質な経験にしている人の差が明確に表れるのです。


「フリーライダー」では、毎日考えて仕事をすることを薦めています。

そして見直したほうが良い習慣として以下の三つを挙げています。

① 面倒くさがらない
② 右から左に仕事を流さない
③ 「これくらいでいいだろう」と思わない。

また、取り入れたほうが良い習慣も三つ上げています。

① 常に「○○」という視線
② 前とは○○という○○
③ 「どうしたら○○」という○○

この三つの習慣を詳しく知りたい方は、本を買ってぜひ読んでください。
(内心、少しイラっとされて人は、ただ乗りに慣れているのかもしれませんよ)



簡単な道と困難な道。同じ目的地に向かうのなら、困難な道を選ぶ。

アメリカ、メジャーリーグで活躍する松井秀喜選手が自身の本で言っていた言葉です。

10代から、そのような思いを秘めていた人間と40を過ぎてようやくその言葉の意味が解った人間との違いが、松井選手と私の違いだと思います。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ただ乗りの人

2010.08.24
今週の週刊ダイヤモンドでは、フリーライダーの特集が組まれていました。

会社内にいる「ただ乗り社員」の解雇を取り上げているようですね。

確かに会社にそのような社員がいると士気にも業績にも大きな影響があるので、問題なのはよく解ります。

しかし、身の回りを見渡すと「ただ乗り」している人は結構いませんか。


職業柄、特に感じるのが専門家に意見を尋ねるときの態度でしょうか。

解らないことを教えてもらう、さらにその人がどうすれば良いかまでアドバイスをもらっても価値を認めない。

そんな人が非常に多いですね。

人によっては、日本人の特徴だと言ったりしてますが、私が今まで接してきた人を見る限り、必ずしもそうではないと思います。


その人の品性だと私は思います。

前回の参議院選挙で消費税増税の話が出ました。

日本の社会を維持、発展させていくために税金は必要なのです。

納税をしていない人は、国家のフリーライダー、ただ乗り国民ですよ。

選挙に行かない人も同様ですね。


最近、「卑怯」という言葉を聞かなくなりました。

それだけ「卑怯者」が増えたためのでしょうかね。





続く



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

三本にバット その2

2010.08.23
私が所属しているチームには、チームで買ったバットもあります。

「ビヨンド」という科学的な見地から「打球が飛ぶ」構造になっているバットもあります。

私はこの「ビヨンド」を持って打席に入ることもありました。


それで、私の打撃成績は飛躍的に良くなったでしょうか。

なるわけありませんね。

良いバットと使えば、打てるようになるなんてことはありません。

道具は選手が使いこなしてこそ、その価値が出ます。

基本的な技術がなっていない者が道具を使いこなせるわけがありません。

逆にそれぞれのバットを使ううちにバッティングの調子どころか、フォームまでおかしくなり、今に至っています。


大石モデルのバットで、毎試合のようにヒットを打ち、打率が四割を超えていた頃が嘘のようです。


メジャーリーグで活躍するイチロー選手は、不振のときでもバットのせいにはしません。

バットが悪いのではなく、打てない自分の調子が悪いことを知っているからです。


同じ道具を使っても、きちんと結果の出る人もいれば出ない人もいます。

それは使う人が結果が出るように使うからであって、それ以外に理由などありません。

弊社の「プランニングノート」も同じです。

実際に使っていただいて、人生が変わったとおしゃってくださる方もいます。

一方で、読んだだけで何もせず、何も変わっていない人もいます。


では、「プランニングノート」で何も変らなかった人が、「ライフプランノート」を買うと人生が変るでしょうか。

おそらく変らないと思います。

それは、いろんなバットを買って使っている私と同じです。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

三本のバット

2010.08.22
私は野球に使うバットを三本持っています。

それぞれ形状もバランス、重さ、芯の位置も違います。

前回の試合では、久しぶりに「こけし型」と呼ばれるバットを使いました。

グルップが太くて大きく、バットが重たいのが特徴です。

しっかりミートして、パワーがなくても、バットの遠心力でボールを跳ね返すことができます。

昔、近鉄で活躍した大石選手のモデルです。


最近良く使っていたバットは、ミスタードラゴンズ立浪モデルです。

グリップが細く、バランスは外寄りで芯も中心から外よりにあります。

ヘッドをしっかりと振りぬくことができないと使いこなせないバットです。


残りの一本は、ジャイアンツの高橋選手のモデルです。

ちょうど、大石モデルと立浪モデルの中間で、グリップが少し大きく、軽く、芯も中間、バランスも真ん中で振りぬきやすいのが特徴です。


さて、私にはこの三本のバットを使いこなして、活躍しているでしょうか。

残念ながら、そのようなことはありません。

一番活躍したのが、大石モデルを使い込んでいた頃です。


私は大きな勘違いをしていました。

もっと良いバットを使うと、もっと打てるようになると。

確かに立浪モデルを持っていった最初に試合でチームメイトがこのバットを使ってホームランを打ちました。

でも私は思うように打てません。

どうもヘッドが上手く売りぬくことができないことがわかりました。


しばらくして、今度は高橋モデルを買いました。

このバットは最初から結構打つことができました。

しかし、それはあまり力のないピッチャーのときだけ。

球威があるピッチャーのときは、明らかに力負けすることがわかりました。


さて、私はどうすれば良いのでしょう。





続く


テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

自分を正すもの

2010.08.21
今日は午後からプランナーズレポート9月号からご登場いただく、羽島市の岩田先生が主宰するセミナーに行ってきました。

岩田会計事務所のHPはこちら⇒http://www.iwatax-m.com/index.html


テーマは「税制改正のポイント」と「企業リスクと事業承継」

講師は、税理士の岩田先生と㈱ティー・エフ・オフィスの久保田専務。

久保田専務の会社は、CMでご存知のかたも多いと思いますが、保険コンパスで有名な会社です。

保険コンパスのHPはこちら⇒http://www.tf-office.co.jp/


ただ、今日は夕方、歯医者の予約が入っており、久保田専務のお話が聞けなかったのが残念でした。

元々、歯医者は木曜日の夜の予約だったのですが、急に来客の予定が入ったため今日に変更してもらったこともあり、セミナーを早退させていただきました。

私がお世話になっている歯医者さんのHPはこちら⇒http://www.holis.clinic-hp.com/index.html


今日は、「ナイトガード」という就寝用のマウスピースを受け取ってきました。

私は寝ているときに歯を食いしばっているようで、歯が磨り減ったり、歯茎がうっ血して歯周病の原因になったり、肩こりやひどくなると顔がゆがんだり、あごが外れるようになるそうです。

プロゴルファーのジャンボ尾崎も試合中に愛用しているとのこと。

このようなことも指摘されて初めてわかることで、予防をしておくことに越したことはありません。


今日もセミナーでもそうですが、なかなか自分の状態をいうのはわかりにくいものです。

専門家に見てもらい、最適な状態と現状とはどれぐらい差があるのか。

どうすれば、改善できるのかということを教えてもらう機会は非常に重要です。


あなたは、自分の最適を確認する方法を持っていますか。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

住宅ローン

2010.08.21
今日の勉強会は「住宅ローン」。

最近、私が登録しているFPの紹介サイトでも住宅ローンの相談ばかりです。

ファイナンシャルプランナー.jpのHPはこちら⇒http://www.fp-consult.jp/


それはなぜか。

その理由が今日の勉強会でよく解りました。

住宅ローンの金利は、金融機関との交渉次第で下げることができるのです。


職業から企業の借入金の交渉は色々とやってきましたが、個人の住宅ローンもここまできたかと隔世の感がありました。

本日の講師は、吉田貴彦先生。

HPはこちら⇒http://www.happylife.ne.jp/


大変勉強になりました。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

基本を守る

2010.08.19
今日は、先日勉強会で講師をしていただいたエフピーエイト 春田先生の事務所へお邪魔し、色々と情報交換をさせていただきました。

エフピーエイトのHPはこちら⇒http://www.fp-8.com/


ファイナンシャルプランナーというと、保険の営業マンというイメージがついてまわりますが、実際は違います。

保険や証券を始めとする金融商品を販売している人は、あくまでその会社の営業マンであって、ファイナンシャルプランナーとして仕事をしているわけではありません。

単に資格を保有しているだけです。


ファイナンシャルプランナーの仕事は、クライアントのファイナンシャルプランニングをすることです。

これからの将来の目標を明確にして、それを実現していくための家計設計を提案をするのが仕事なのです。

クライアントの要望とファイナンシャルプランナーの役割。

最終的な目的地と必要な期間及び報酬。

それらを決めてから仕事をするのが基本です


春田先生の話では、上手くいっていない人はその基本を外しているそうです。

私の場合、切り口に選択した成年後見制度があまりに認知されていないため、基本がおろそかになっていました。

今日、改めてお話が聞けて良かったです。

何事も基本を大切に。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

価値をどこに求めるか

2010.08.18
今朝、日本経済新聞に野村證券が「ライフプランノート」の広告を載せていました。

弊社は「プランニングノート」を制作し、販売していますが、同じようなノートはダイヤモンド社他からも「エンディングノート」などのタイトルで販売されています。

値段も、ライフプランノートは、2,520円。

エンディングノートなどは、大体1,000~1,500円です。

それに対し弊社の「プランニングノート」は、9,800円で販売しています。


実際、商品そのものの金額を比較すれば、弊社の「プランニングノート」は高いです。

また、その内容も大差はないでしょう。

あるいは、特定の分野に関しては負けている部分もあるかもしれません。


では、「プランニングノート」が勝っている部分はどこでしょうか。

それは、作成の過程を重視している点ですね。

それと著者に直接相談ができる点です。


書籍や教材は、そのものを所有するだけでは何の価値もありません。

利用し、自分に役立ててこそ、価値があるのです。

書かれている内容が詳しいかどうかではなく、あなたにどのように役立つのかが一番大切なのです。



「ライフプランノート」や「エンディングノート」を買われた方からのご相談は賜ります。

相談料は、一時間当たり10,000円です。

価値をどこに求めるのかは、人それぞれです。

「プランニングノート」でなくても、ライフプランノートなどがもっと普及してくれるといいですね。

社会のためになりますから。





テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

クライアントとの関係

2010.08.17
ファイナンシャルプランナーの役割は、何なのだろうか。

ファイナンシャル・プランニングの主人公は、クライアントです。

作成する目的は、クライアント自身が責任を持って、プランの決定をすることで、私はそこに到達するまでに専門家としてアドバイスをします。


私とクライアントとは、教師と生徒のような関係なのでしょうか。

違います。

そのような関係になってしまうと私がクライアントの希望を阻害する恐れがあります。

また、私は単なる情報提供者であってはいけません。


私の役割は、クライアントのライフプランに応じて、最適なプランの立案をすること。

ファイナンシャル・プランニングはクライアントと私の共同作業であり、最終的にクライアントの決定に委ねられます。


ですから、私は情報提供は当然ですが、視点を変えた質問を通じて、考え方を常に提供することを心掛けています。

同じものでも視点を変えると価値もその意味も大きく変ります。

また、今は最適でも、三年後には見直すことが必要となってくることもあります。


情報の収集や色々な人の意見を参考にするのも大切ですが、それで本当に良いのか、ご自身の問い直すことも必要かもしれませんね。






続く



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

基本に立ち返る

2010.08.16
先日出席した勉強会で基本の大切さを痛切に感じました。

講師を担当されたFPオフィス エフピーエイト 代表 ファイナンシャルプランナー春田孝二先生が独立当初から必ず守っていること。

それは、パーソナル・ファイナンシャル・プランニングの6つのステップ。

エフピーエイトのHPはこちら⇒http://www.fp-8.com/


そのステップ1、顧客との関係確立とその明確化

①顧客に適切な方法でファイナンシャル・プランニングのプロセス全体にかかわるポイントや概念を説明する。

②顧客に提供されるサービスの内容、プランニングのプロセス、必要な関係資料について説明する。

③顧客とプランナーそれぞれの責任について明確にする。どこまでが顧客の自己責任でどこからがプランナーの職業上の責任かを顧客に理解してもらうこと。また、報酬体系を提示し、どのくらいの期間にわたってこの関係を続けるかについても明確に合意しておくことが必要である。


私は、このポイントをしっかりと押さえていませんでした。

知っている、わかっているつもりの典型ですね。


どんな仕事でも、特に専門家と呼ばれる者には、そん存在自体に使命があります。

その使命を全うするための基本的な考え方を今一度しっかりと勉強し直します。


基本は大切です。






続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

夏の風物詩

2010.08.15
子どもの頃、お盆の頃になると決まって「あなたの知らない世界」と題して、怖い話の特集番組がありました。

私は、怖がりのくせに、幽霊などの話が大好きよく「あなたの知らない世界」を観ていました。

最近はめっきりこの手の番組が姿を消してしまい、つまらないですね。


その代わりなのでしょうか、都市伝説と呼ばれる噂についての番組はよくやっていますね。

私の地元で有名なのは、野間大坊だったと思いますが、血の池伝説。

日本に厄災が起きるとき、池が真っ赤に染まるというものです。

源平の合戦のゆかりの地でありますし、以前東南海地震の前に真っ赤の染まったという話を聞いたことがあります。

また、夜中に野間大坊周辺の海岸線をドライブする際には気をつけましょう。

私は聞いたことがあるのは、いくら走っても野間大坊に戻ってきてしまうという話です。

他にも色々あるようなので気をつけてください。

くれぐれも遊び半分で近づかないほうが身のためです。


お盆も終わり、明日から世間は年末に向けて動き出します。

残暑が厳しそうですが、秋はもうすぐですね。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

タバコ

2010.08.14
私が好きなドラマ「踊る大捜査線」を改めて観ると、青島がタバコを吸っているシーンが度々出てきます。

このドラマは1997年の制作ですから、今から13年前の世相が背景にあります。

ドラマでは、青島の机の上には灰皿があり、タバコを吸っています。

映画版「レインボーブリッジを封鎖せよ」では、休憩所に喫煙コーナーがあり、そこで吸っています。

今公開中の作品では、最後に少しだけ喫煙シーンがあるだけです。


わずか、13年の間にタバコの扱いががらりと変わったことがよく判ります。

タバコの受動喫煙のことなどいろいろとタバコが嫌いな人からすれば、意見はあるでしょうが、ここまでタバコを追いやるのは、なにやら集団ヒステリーのようで気持ちが悪いですね。

単純に体に対する被害で言えば、自動車の排気ガスのほうがはるかに有害だし、電気自動車も電磁波の健康被害を日本政府が無視しているように見えます。
(高圧鉄線の近くに住んでいると、癌の発症率が飛躍的に高くなるそうですよ。これはある市の内科医の医師がデータを取って研究している話です)


最近のタバコと喫煙者に対する仕打ちは尋常ではないですね。

「鬼畜米英」の空気のこうやって世論を誘導したのかと、つい思いたくなります。

私は以前はタバコを吸ったいたことがありますが、今は吸いません。

また、喫煙者のマナーが悪いのも知っています。

喫煙者の肩を持つとかではなく、タバコに対する風潮が気持ち悪いと思っているだけです。


最近の「空気を読め」という言い方も、単なる同調圧力なんですよね。

これも気持ちが悪い。

「空気を読んだ」国民が大勢死んだ戦争が終わって65年。

また、その日が来ます。




続く





テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

お盆の過ごし方

2010.08.13
去年のお盆は、クライアントの決算で土日を返上して仕事をしていました。

お盆に限らず、去年までは仕事ばかりをしていたので季節の移ろいも気にせず生活をしていました。

11月から自分で仕事を始めてみると今まで見えていなかった様々なことがあります。


朝、散歩をすると澄んだ空気と朝日にきらめく街並みがありました。

桜が咲き、つぐみの小鳥を拾ったこともありました。

仕事を言い訳にゆっくり流れる時間とその世界を見ていなかったといってもいいでしょう。


今年の夏はしっかり夏の暑さを味わっています。

夏は暑い。

そんな当たり前のことすら、忘れることがありました。


夏は暑いし、冬は寒い。

だからどうするのか。

そんなことを考えてお盆を過ごす。

今までにないお盆の過ごし方をしています。


仕事をしているのは、今までどおりですが・・・・。




テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

旅の途中

2010.08.12
「人生は旅である」

NHKの銀河鉄道999特集で原作者の松本零ニ氏がそんなことを話してました。

銀河鉄道999は、松本氏が18歳で九州から東京に夜汽車に乗って上京したときの思い出がベースのあるのだそうです。

松本氏は、私の父と同い年なのですが、テレビで見る限りまだまだ若々しい。

宇宙に旅立つ少年の心をまだ持っているから、旅ができるというようなことも言われていました。

私が今の松本氏と同じ年齢になるのは、30年後。

私も同じことが言えるような人物になっていたいと思います。



「人生は旅である」

いろんな人が言っています。

旅をしているときが充実しており、目的地についてしまえば、しばしの休息の後、また次の目的地へ旅立つ。


目的地はどこか。

決めてはあるが、途中で行き倒れるかもしれない。

崖っぷちを歩いているから、いつも踏ん張っていないと飛ばされると言ってくれた人もいます。


そんなことを考えていること自体がもう旅の途中なのでしょう。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

勉強会

2010.08.12
今日は勉強会の一日でした。

午後からは、Webセミナーで「Google、Yahoo提携によるマーケティング」と題して、今後のインターネットを利用したマーケティングについて話を聞きました。

結論は、不真面目なサイトは間違いなく淘汰されるということで安心しました。


そして、夜はファイナンシャルプランナーのスタディグループ「FPフューチャーズ」の勉強会に参加していました。

期せず、懐かしい再会があり、いつもは参加しない懇親会まで行ってしまいました。

こうした新しい関係作りも勉強ですね。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

人生の目的

2010.08.10
「一生のなかで成し遂げる最も大きなことは何か」

今日は一日、そのことを考えていました。


私は、成し遂げる最も大きなことから少し目を離していたようです。

足元に気を取られると目標を見なくなります。

目標を見ていないと、いつも間にか歩いている方向が目標から外れていきます。


例えば、ポルシェに乗るとか、イタリアングレイハウンドを飼うという即物的なことも目標といえば目標です。

大事なのは、なぜポルシャなのか。

なぜ、イタリアングレイハウンドでなければならないのかという理由です。


私の場合、理由は簡単。「格好良い」からです。


格好良くないといけないのか、と問われれば、格好良くないと落ち着かないから、駄目なんですね。

落ち着かないのは、不快ですね。

よって、ポルシェに乗ることで心の平安が得られる。

だからポルシャが必要なんだという論法なんです。


ただし、欲しい結果の本質が「心の平安」なのであって、ポルシャではないという点が重要です。

ですから、違う形で目標が実現するかもしれません。


「一生のなかで成し遂げられる最も大きなこと」と考えると会社を大きくするとか、ビジネスで成功するということを考えてしまいますが、それらは枝葉の部分に過ぎません。

もっと本質の部分に正直になりたいですね。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

迷いの星のシャドー

2010.08.09
今夜からNHKで「銀河鉄道999」の特集がやっています。

子どもの頃から、大好きなアニメでテレビも映画も漫画も夢中になっていました。

その中で、冥王星でのエピソード「迷いの星のシャドー」が好きなので、今夜の放映は見逃せませんでした。


「銀河鉄道999」は、主人公 星野鉄郎がなぞの美女メーテルと一緒に機械の体をただでくれる星に旅する物語です。

永遠の命を手に入れることが本当に幸せなのか。

人生を生きるとは。

そんなことを子どもながらに漠然と考えていましたね。


冥王星は迷いの星。

人々は生身の体をこの星の墓地に置いて、宇宙に旅立っていく。

その墓地の番人 シャドーは機械の体を手に入れたのに、生身の頃の自分よりきれいになれないことが不満で顔を作らないで、生身の自分の頃の思い出に浸っている。

過去のことが忘れられずに生きている人は周りにも結構いると思いますが、醜いものです。


そんな話が好きな私は何なんでしょう。

同じようなところがあるからでしょうか。

何でも迷うことなく決められたら。

後悔することなく、毎日を生きていけたら。

そんなことは、若いうちだけかと思っていましたが、そんなことはないようです。


それでも、そんな人生だからこそ、良いのかもしれません。

機械の体で永遠に迷うことに比べたら。


さよなら銀河鉄道999より⇒http://http://www.youtube.com/watch?v=MtjF9_PzCLQ

今、万感の思い込めて汽笛が鳴る。

今、万感の思いを込めて汽車が行く。

そして少年は大人になる・・・・。


大人も結構大変だけど。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

思い出の曲

2010.08.08
今朝、YouTubeで懐かしい歌を見つけました。

渡辺美里さんの「MILKHALLでお会いしましょう」。

23年前の曲です。

アルバムに収録されている曲なので、いわゆるヒット曲ではありません。

こちら⇒http://http://www.youtube.com/watch?v=6LZXo7oXpxo&playnext=1&videos=zKspGOWp2jU


ちょうど将来のことを意識し始め、何か毎日焦っていました。

歌手を目指していた友達が演奏する場所を見つけて活動をし始めたことに刺激を受けていたのでしょう。

この曲が入っているアルバムは、買った当初の印象がほとんどなく、ラックの中でしばらく埋もれていたのですが、友達がこのアルバムの中の曲を演奏していて、改めて聴きなおしたことで好きになりました。


「前に進むための小さな一歩 明日天気になれ」

この歌詞が今でもすごく好きです。


当時、何かしなければと気ばかりが焦って、何をしていいのか判らないことにイライラしていました。

この曲はそんな私に「そんなに焦ってどこに行くの?」と語りかけてくれているようでした。


あれから20年ですね。

「前に進むための小さな一歩 明日天気になれ」

毎日、小さな一歩を踏み出しましょう。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

仕事の速度

2010.08.07
今日は朝から、ある会社へ社長のお会いするために出かけていました。

ビジネスがなかなか進展しないときは、トップとお話するに限ります。

速さが違います。

懸案になっていた事項をお伝えすることが目的だったのですが、反対にビジネスの話を提案されました。


実現するかどうかはわかりませんが、ビジネスの成長を考えるときに、私の存在を意識していただけるというのはありがたいことです。

話をいただいたことが縁。

実現させ、お互いに大きな成果が出すことが目的です。

心の準備はしっかりしておきます。


あと、ビジネスの話はうまくはまるかどうかを検討していただけることになりました。

最終的に採用してもらえるかどうかはわかりせん。

今までのことが単に評価されるだけですから。

とりあえず私にはやり残りことや悔いなどはありませんので、大人しく結果を待ちます。



どんなことでも最善の結果を求めると思います。

その結果を手に入れるために必要なことはすべてやらなければなりません。

やってはいけないのは、重要でないことをやっているのに、そのことに満足してしまうこと。

それを時間の浪費といいます。


理屈を言うのか簡単ですが、結構陥りやすいワナです。

気をつけましょう。





続く






テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

フリーライダー その2

2010.08.06
「フリーライダー」 河合太介 渡部 幹 著より

フリーライダーにも、色々な種類があります。

いわゆる窓際族のようなに人だけではありません。

ふだんは協力をしてくれないくせにお願いだけは図々しくしてくる人。

他人のアイデアを自分で考えたように、ちゃっかり持っていって自分の成果にしてしまう人。

このような人もフリーライダーなのです。


そのような自分勝手な人は会社員に限らず、そこらじゅうにいますね。

特に親戚にこんなのがいると往生します。


ところで、今日の夕方のニュースで成年後見人の横領事件を伝えていました。

姉の成年後見人をしていた妹が2,000万円を不正に流用したとして岐阜家庭裁判所から告発をうけたのです。

詳細はわからないので、この事件についてのコメントは差し控えますが、万一の際に誰に何を頼むかを慎重に決めておきたいものです。


まずは、自分が何をして欲しいのかを明確にしておかなければなりません。

次に誰に頼むのか。ここは慎重に見極めたいものです。

兄弟姉妹、親戚だからと言って安直に判断するのは危険です。

まずは「プランニングノート」にまとめてみましょう。

こちら⇒http://www.insideout-ei.co.jp/

付け入るスキを作らないのが何よりの防衛策です。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

フリーライダー

2010.08.05
「フリーライダー」 河合太介、渡部幹 著より

”フリーライダー”とは? 仮面ライダーの仲間ではありません。

会社における「ただのり社員」のことを、フリーライダーと呼ぶそうです。

週刊ダイヤモンドで連載に併せて、講談社現代新書から上記の書籍が出ました。


この本の帯に書いてあるキャッチコピー

「まじめに働いても報われない本当の理由 こんな社員が会社を滅ぼす」

怖いですね。

フリーライダー = 職場のただ乗り社員 = 働かないのに給与は一人前

という人のことを指すそうです。

そうは言っても、突然そんな社員が現れた訳ではありません。

かつては「窓際族」なんて呼ばれていたことあったのですから。


職場に余裕があったころは、一日何をしているかわからない社員がいても許される雰囲気があったのでしょう。

このような「フリーライダー」と呼ばれる社員がいる職場は雰囲気も悪くなるそうです。


では「フリーライダー」がいるのは誰のせいか?

会社に何の貢献もしていないのだから、退職勧奨しない社長のせいか。

はたまた職場の連帯責任なのか。

客観的に見ると本人が一番悪いのだが、フリーライダーは自覚がないのが特徴だそうです。

私の前職の職場にもいましたよ。

フリーライダーが。


フリーライダーがいることによる弊害は、みんなが不機嫌になることです。

文字通り職場がギスギスになります。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

連帯責任の意味

2010.08.04
8月4日付け、日本経済新聞 私の履歴書より

私は子どもの頃から、連帯責任の意味が解りませんでした。

高校時代には教頭に連帯責任の意味を問い詰めたこともありますが、納得できる回答はもらえませんでした。

今朝、新聞を読んでいたら連帯責任についてこう書いてありました。

「隠れてインチキをすると、見つかったら大変だから、みんなでさせないようにする。

それぐらいやらないと「自分1人が良ければ」という人間が出来上がってしまう。

人間は一人では生きていけない。お互いがあるからこそ生きていけるという精神を学ぶことができた」


隠れてインチキをするような人間は下衆である。そうならないように親は子どもに厳しく躾ける。

親は、責任を持って子どもを教育する義務を負う。

それが、日本国憲法の定める義務教育です。

だから、隠れてインチキをして関係するみんなに迷惑をかけたら、本人が迷惑をかけた人にまず謝罪をする。

そういうことを指導するのが親であり、教師なんだと思います。



お互いがあるからこそ生きていけるという精神を学ぶために、とあるが、もともと私の前提は、隠れてインチキをするつもりもないし、他の人もそんなことしないだろうと思っているので、インチキをさせないようになんて思いもしません。

そこに違いがあったのですね。

つまりは、連帯責任の前提は、インチキする奴が必ずいるからみんなで互いに監視しなさい。もし、インチキがあったなら全員に責任を取ってもらうからな、というものなのですね。

それならそうとはっきりと言えばいいのに。

高校時代の教頭もクラス全員の前でそうはっきりと言ってくれれば納得できたのに。


それと連帯責任を問うのなら、人は見かけで判断するな。みんなと仲良くしなさいという教育はしてはいけないですね。

なんて、大仰に教育の話をしてしまいましたが、単に私がお人よしなだけなんです。




続く



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

機密保持契約

2010.08.03
「機密保持契約」と聞くとなにやら物々しい感じを受けると思いますが、内容は打合せなどで話をしたアイデアやノウハウを無断でビジネスに使わないことを双方が約束するものです。

私は「プランニングノート」や「プランナーズレポート」として形のある商品を販売しているので、まだ判りやすいですが、いわゆる専門家として仕事をしている方には、契約書を交わすまでもいかなくても、機密保持には気をつけて欲しいと思います。


気心が知れた人、あるいは信頼できる人の紹介であれば、あまり神経質にならないのですが、今日は何か嫌な予感がしたので、先方の担当者に契約書を渡してきました。

最も破廉恥な人間が契約を守るとは思っていません。

牽制の意味といざ何かをしたときのセキュリティーですね。


また、機密保持を約束すると安心して色々な話ができる場合もあります。

去年、東京でお会いしてコンサルタントの方は、私の説明に安心されたようで役立つ情報をたくさんくださいました。

結局は、その人の品性にかかっているのでしょう。




続く





テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

永久に勝つ人

2010.08.02
「武士道を貫いて生きるための366の格言集」 新渡戸稲造 著より

「勝敗はどちらにあるかと聞いたならば、賢い者とそうでない者とでは答えが違ってくる。

馬鹿や狂人は負けても勝ったと喜ぶが、賢い知恵者は、そのときは負けたようにして永久に勝つものである」


時として思いも寄らないところでライバル視されていることがあります。

高校生がテストの成績で負けたくないとライバル心を燃やされる程度のことなら、まだ可愛いものですが、職場の人間だと困ったことも起きます。


以前のことですが、ライバル心というか嫉妬心に凝り固まったような同僚がおりました。

ある仕事を一緒にしていたのですが、あからさまに私を指示を無視して仕事をやらず、挙句に期日当日は突然休んでしまいました。

当然、期日に仕事の報告はできません。

私は慌てて状況をまとめ、今後の予定を立てました。

そして、結果を持って私の上司がクライアントのところに謝罪にいきました。

たまたま、その後作業は、この人抜きで進めたので順調に終わり、大事には至りませんでした。


この人にすれば、私を追い落とすためにわざと仕事をやらずに期日当日に休んで楽しかったのだろうと思います。

ただ、この人は浅はかですね。

私を困らせて、内心勝ったと思っていたのでしょう。


でもこの人が証明したのは、社長以下全員に、この人が職場にいないほうが良いということだけでした。

私はこの一件で大切なことを学びました。

「邪な考え持つ人間は、勝手に自滅する」ということです。

腹は立ちますが、静かに構えるのが一番の得策です。

余裕があれば、困ったような顔をしてあげると喜ぶようです。


最近もありました。

売掛金を踏み倒されましたが、この授業料、負けたように見せて永久に勝つ礎にします。




続く


テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。