検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四半期終了

2010.03.31
今年も四分の一が終わった。

事業年度に換算すると四半期が終わったということである。

我が社、インサイドアウト英株式会社の四半期を反省してみる。

まず、年明け早々、昨年末からの金融機関対応の仕事に携わる。

売上はたったが、いまだ未回収なのが反省点である。

売上は回収して初めて価値のあるもので、未回収の売掛金は、一般的に不良債権と呼ばれる。


二月は、この取引先のトラブルに巻き込まれる。

しかし、結果としてすっきり縁を切ることができたので、このトラブルは私にとって吉事であった。

積年のうっぷんもこれで晴れた。

気持ちは晴れたが、売上にならなかったことが私の失態である。


三月は今までの遅れを取り戻すべく、色々な人にお会いしたり、商品開発、マーケティングに力を入れた。

商品のサンプルを持ってみてもらった感触に手ごたえを感じつつ、メールセミナーの申し込みをある。

そして、四月は本格的に動き出す。


実行あるのみ。




続く



スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

時には耳を閉じる

2010.03.30
犬は咬むより吠えるのが性分で、犬のように吠えてばかりいる者が多い世の中は、時々耳を閉じるほうが賢い。

そうすれば吠えている者は吠え疲れる。吠えている者は往々にして歯を弱めているから、咬んでも害は少ない。


新渡戸稲造 著 「武士道を貫いて生きるための366の格言集」


世の中で吠えている者の典型と言えば「マスコミ」だろう。

とかく世間を暗くすることばかりを垂れ流す。

マスコミの報道は、時々耳を閉じるほか健康のためにもいいと思う。


しかし、新渡戸氏が生きた明治時代にも現在に通じることがあったのだ。

人間のやることは文明が進化し、情報化などと言われても今も昔変わらないようだ。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

メジロ

2010.03.29
今朝、散歩の途中でメジロのヒナを拾った。

道路の真ん中にぬいぐるみが落ちているのかと思ったら、小さく丸まったメジロだった。

手の中に入れて、しばらく一緒に散歩をしていた。

神社に来たとき、メジロは飛んでいった。

期せず、可愛い小鳥と楽しい散歩ができた。


家に帰って、メジロを調べてみると何と「禁猟」となっている。

また、原則、飼育は禁止。

届出をした場合のみ、愛玩用に一家に一匹まで飼育が許されるとあった。


あやうく法律違反をするところだった。


今日のメジロは元気に生きていくだろうか。

しばらく、メジロを見かけると、今日の子を思い出しそうだ。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

戦略の差

2010.03.28
フィギアスケート女子世界選手権は、見事浅田真央選手が優勝した。

しかし、キムヨナ選手のミスがなければとても勝てなかった。

今回のフリーでも転倒にジャンプミスが出たキムヨナ選手の点数は、トリプルアクセルの回転不足を取られたとはいえ、ほぼノーミスの浅田選手より上だった。

明らかに今回のキム選手のプログラムが点数が稼げるものであるか、これで証明された。

逆に浅田選手は難しいだけで点数が稼げないプログラムを完璧にしようとしていたともいえる。


浅田選手陣営のみならず、日本スケート連盟はこの事実を冷静に受け止め対策を実行しなければ、キム選手が競技を続ける限り勝てないだろう。

スポーツであれば、勝たなければならない。

修行僧のような苦行をして、自己満足を追求してはいけない。

四年前、トリノ五輪で荒川選手が難しいジャンプに挑まず、精度の高い演技に専念して金メダルを獲得している。

キム選手は、荒川選手と同じ戦略で演技と技の精度を上げて金メダルと獲得したのだ。

その戦略を組み立て、確実に実行したキム選手とコーチ陣を見習おう。


ビジネスでも同じようなことをする社長がたまにいる。

クライアントの利益ではなく、お金にならない難しいことを自己満足のためにやる人が。

ビジネスは必要としてくれるクライアントのために存在している。

そのことを忘れてはいけない。




続く



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

じーまみー豆腐の食べ方

2010.03.27
先日いただいた「じーまみー豆腐」は、付属のタレをかけて食べる。

十分美味しいのだが、我が家ではもっと美味しく食べる方法はないか話題になった。


妻の意見、その1
チョコレートソースで食べる。

妻の意見、その2
黒蜜で食べる。
(いまのソースの黒糖の風味をもっと出す)

もっとスイーツ感を前面に出したほうが美味しくなるかな。


私の意見その1
生醤油で食べる

私の意見その2
焼いて醤油をつけ、海苔で巻いて食べる。

豆腐の風味を生かすと美味しくなるかも。


いずれにしても、もともと美味しい「じーまみー豆腐」。

http://www.food-meister.com/  興味のある方はこちらをどうぞ。




続く




テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

じーまみー豆腐

2010.03.26
「じーまみー豆腐」とは、沖縄の豆腐である。

先日、東京でのマーケティングマインド集中講座に出席した際に、ご厚意で沖縄からみえたある社長がセミナー参加に差し入れてくださり、私はそのとき初めて食べた。

豆腐と言っても、トルコアイスのような食感でタレをかけてみたらし団子のような風味がする。

原料は、生のピーナッツとタピオカ粉。


とても美味しいですよ。


http://www.food-meister.com/  「沖縄フードマイスター」←ここで売ってます。

とんえるずの「食わず嫌い王」の中でお土産に登場したこともある一品です。


その「じーまみー豆腐」が当社の事務所に届いた。

N社長が贈ってくださったのである。

ありがとうございます。

早速、間借りしている会社のスタッフのみなさんにもお配りし、美味しく頂きました。


沖縄には、美味しいものがたくさんあるようだ。

私の会社も早く沖縄に支店を出そう。

そうすれば仕事で沖縄に行くことができるし、美味しいものの食べることができる。




続く



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

卒業の季節に

2010.03.25
テレビを見ていたら、卒業ソングの特集や桜ソングを歌う番組がやっていた。

季節にちなんだ企画だが、私にはどうもしっくりこない。

卒業ソングの定義もよく解らない。

「卒業」に何か思い出があるか、と問われても「何もない」と答えるしかない。


卒業ソングの第一位が「贈る言葉」だったが、卒業に限らす、いつ聴いてもいい曲である。

最近の子どもたちには、そういう思い出作りをしてあげないとだめなのだろうか。



当時好きだった曲で、思い出がよみがえることは良くあるが、そのような感性が欠けているのだろうか。

確かにヒット曲の性質が変わってきているのはよく解る。

テレビやラジオで流れなくても、CDが売れなくても、カラオケやダウンロード回数が多ければヒット曲になってしまう。

音楽の楽しみ方が変わってしまったといえばそれまでだ。


卒業と言っても、学校や教師の権威をマスコミが思い切り破壊してきた。

高校時代が、学校や教師が乗り越える壁であった時代だったことは、幸運である。

死ぬ前に、本当の勉強は学校を卒業してから始まるということに気が付いてよかった。


しかし、私が10代の頃の活躍していた歌手や芸人がいまだにテレビに出続けている。

よく日本の閉塞感などと言われるが、そんな小難しいこというから誰も理解できないのだろう。

芸能人がいい例であるが、要は社会の新陳代謝が行われていないだけ。

新陳代謝がなければ成長なんてするわけがない。


これはすべての業界に共通して言えることだと思う。

団塊の世代の方々が早く卒業してくれると日本は生まれ変わるだろう。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

老後の不安とは

2010.03.24
東京に行く前に、ふと疑問が浮かんだ。

「老後」と言っても、誰がどのように過ごすかはその人次第。

「孤独や貧困で寂しい暮らしにならないように」とマスコミは宣伝している。

それは果たして本当だろうか。


新幹線に乗る前に立ち寄った本屋にこんな本があった。

「ひとりの老後はこんなに楽しい」 保坂 隆 編著

独り暮らしの良さや楽しく暮らす心の持ち方などを紹介している。


独り暮らしの気楽さについて、今まで考えたこともなかった。

友達が少なくても、世間のしがらみに気を使わなくていいと考えれば、その通りである。


ステレオタイプの老後のイメージに踊らされていたことを反省している。

老後は人それぞれ。

価値観もそれぞれ。

それそれの人生がより充実するような視点も忘れていけないということなのだろう。


そもそも「不安」を煽るのはマスコミの常套手段。

私は、もう踊らされないよ。





続く



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

市民後見人のお役に立ちます。

2010.03.23
今朝の日本経済新聞に市民後見人の養成と活かされていない実態のことを報じていた。

もともと、成年後見制度は、高齢者、障害者などを支援するために設けられたものです。

ですが、残念なことに世の中にはほとんど認知されていません。


市民後見人は、成年後見制度を支えるために一般の人を対象に教育を受けた人たちのことです。

ボランティアなど社会貢献をしていきたいという意欲のある人が市民後見人のとして活動されていますが、実際に活動しようとしても、その責任の重大さにとてもできないということが多いようです。


何をしてあげればいいのか解らないとき、

そんなときには、「プランニングノート」がお役に立ちます。


いよいよ私の出番が来たなという感じがします。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

東京にて

2010.03.22
先週木曜日の午後から東京に行ってきました。

このブログも更新できなかったのは、すこしハードな日々を過ごしたからです。

それは。


19日(金)~21日(日)の三日間「マーケティングマインド集中講座」への出席です。

場所は、西新宿(都庁の近く)。

約110名が日本各地から集まり、9時~18時まで会場で学びました。

私は自分のビジネスと徹底的に向き合うことを目的に参加しました。

ありがたいことに、毎回宿題が出るので、夕食で外出する以外ホテルから一歩も出ることもなく、テレビも見ないので、浦島太郎のような状態になってしまいました。



おかげで、とことん色々なことを考え抜くことができました。

また、学ぶこと以上に会場で色々な方々と出会えたことが私の宝物になりました。


そんなことで東京でも出来事を、追々お伝えしていきますので、乞うご期待。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

遠回り

2010.03.17
予定どおりにはかどらなくても、一度決めたことは簡単に変えてはならない。どんなことがあってもやり遂げる気構えがあれば、気長く遠回りすることも嫌がってはならない。

新渡戸稲造 著 「武士道」を貫いて生きるための366の格言集


ビジネスも育てることが必要である。

目先の収入を確保するための、自分のできることを仕事にするという手もある。

だが、それと就職するのとどんな違いがあるのだろうか。

自分ができることをやるなら、とっとと就職をしよう。


私が今、取り組んでいるのはビジネスである。

新しい価値の創造と現在の課題への解決策である。

今はまだひとつも結果が出ていない。


遠回りかもしれないが、焦らず毎日前進していこう。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

美味しさにプラス

2010.03.16
事務所の近くに昨年末にオープンしたラーメン店がある。

そのうち食べに行こうと思っていたら、3ヵ月も過ぎていた。

そして、ようやく今日行ってきました。


食したのは、塩ラーメン。

ランチタイムは、ご飯と三種類のトッピングのうち、ひとつが無料でついてくる。

ご飯をつけ、トッピングはもやしにした。


この店で感心したのは、接客態度。

フロア担当の若者がすごく丁寧かつ親切で驚いた。


もちろん、塩ラーメンの味も申し分なし。

極細めんとスープのバランス、そしてあぶったアオサの香ばしさが絶妙にマッチしている。

オープン以来、流行っている理由がよく解りました。


昨今のラーメンブームで味に拘りすぎて、ラーメンそのものを見失っているかのような代物を見かけることがある。

料理としての美味しさはもちろん、気持ちのいい接客で、気持ちよく食べることができることも大切だと改めて思った。

そんなことで、いい店発見。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

確定申告

2010.03.15
今朝は税務署に確定申告書の提出に行ってきた。

昨年までは、郵送していたが今年は提出に出かけた。

残念なのは、還付申告になったことだ。

私の望みは、いかに多くの税金を納め、国に貢献することである。

来年こそは、「税金が大変でさー」なんてことを言えるようになる。



できれば、納税額に比例して国民の権利を与えて欲しいものである。

つまり、納税していない者には、選挙権がないとか。

生涯納税額が一定の金額を超えると、国会議員(参議院に限る)になれるとか。


こんな話は夢物語であるが、これだけは守ってもらいたい。

権利を主張する前に、義務を果たすこと。

勤労や納税は国民の義務である。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

今期初勝利に思うこと

2010.03.14
このところ週末は雨が続いたので、久しぶりの試合があった。

見事サヨナラ勝ちで今期初勝利を収めた。

私は活躍することはできなかったが、次こそはと闘志を燃やしている。


プロ野球で活躍した一流の選手たちも言われているが、野球は失敗のスポーツである。

打者であれば、三割打てば一流といわれる。七割は打てなくても許される。

ホームランを打つためには、当たり前だがバットを振らないといけない。

ただし、バットを振ったからといって、ボールに必ず当たるわけではない。

一回の打席で三回空振りしたら、三振でバッターはアウトになる。


三振をするのは悔しいことだが、三振を怖がってバットをボールに当てにいっても、ホームランはおろかヒットになることもほとんどない。


ビジネスも同じことが言えると思う。

ホームランを狙わないといけない。

小さなことにビジネスを合わせていっても、大きな展開は望めない。

幸い、ビジネスに三振よるバッターアウトのルールはない。

何度でも何十回でもチャレンジできる。


明日から、またホームランを狙うための準備をしよう




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

二つもできる

2010.03.13
ビートたけし氏がフランス政府から勲章を授与されたニュースを見た。

映画監督、北野武としての評価だけでなく、コメディアン、ビートたけしとしてもフランスでは人気らしい。

また、芸術家をしてカルティエの美術館で個展も開催する。


当の本人のコメントで「日本だと芸人のくせに映画なんか撮りやがって、とわけのわからないことを言われるが、フランスでは、映画監督なのにコメディアンもできる、二つもできると評価される」というようなことを言っていた。

このわけのわからない批判。

私も言われたことがある。

前にも書いたが、私は働きながら通信制の大学を卒業した。

しかし、私はこのことを普段の会話で絶対に話さない。

それはなぜか。

卒業した大学名を出すと、必ずこう言われる。

「○○大学っていっても所詮通信でしょ」
(私の心の反論、通信はすべての科目を勉強し、試験を受けて単位を認定してもらわないといけない。従って大学での勉強時間は誰にも負けない自信がありますが、勝負しますか)

「偉そうに大卒面するな」
(私の反論、正規の大学教育課程で昼間部、夜間部と一緒に日本武道館の卒業式に出席しましたけど、なにか)


受験勉強して、大学に入学するとこうことを平気言う精神構造になるらしい。

相手にすると疲れるので、いちいち反論する気にもならない。

そもそも話をしなければ、相手は気分を害しないので話題にしないのである。



私は働きながら、自分で学費を稼ぎ、大学を卒業しました。

よく考えたら、よくやったよね。

これでいいのだ。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

私は何者か

2010.03.12
いよいよ当社の商品をリリースする。

多くの人の役に立つものと信じているが、商品の案内をする私自身が何者なのかみなさんにわかってもらえないと説得力がない。

ファイナンシャルプランナー

コンサルタント

インサイドアウト英株式会社 代表取締役

プランナーズ代表

以上は、今の私の肩書きである。


私自身の改めてこの肩書きをみて思う。

「だから、あなたは何者ですか」と。


「成年後見制度を利用しようとしている人に向けて支援の仕事をしています」


こう説明して、あなたは私のことを理解してくれるだろうか。


「成年後見制度のガイドです」

「成年後見制度のプランナーです」

「成年後見制度のアドバイザーです」

どれもしっくりこない。

熟考を重ねよう。




続く





テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

商品のリリース

2010.03.11
来月発売する商品の仕上げの段階を迎えた。

その商品のマーケティングツールとして、私はメールセミナーを書いている。

以前は、実際にセミナーを開催していたが、お話をしていたことをより手軽にわかりやすく知ってもらうためにメールで読んで知ってもらおうというものである。


興味のあるかたは、ぜひご登録ください ⇒ http://www.insideout-ei.co.jp/


来月からはまたセミナーも開催する予定です。


乞うご期待。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

不思議な感覚

2010.03.10
この時期に仕事に追われていないので不思議な感じがする。

社会人になって、二十四年目になるが二回目のことである。

職業柄、季節によって繁忙期があるのは仕方がないことである。

いままで当たり前のようにやってきたことが、もうやらなくていいのは、ほっとするような少し寂しいような感じである。


しかし、繁忙期に忙しくいることにかまけていると将来、大変なことになると思い、起業を決意したのだ。

将来性のない仕事に給料のためにしがみつき、チキンレースをするのは人生の無駄遣いである。


そんな日々に見切りをつけて良かったと、心底思えるように早くなろう。


サラリーマンをしていると生活がサラリーマンのリズムになる。

世の中の多く人がそんな他人に作られたリズムで暮らしている。


今の私はどうか。

リズムは自分で奏でなければならない。

最初は戸惑った。

でも、ようやく慣れた。


今日感じた不思議な感覚がなくなる頃、自分はどうなっているのだろう。






続く


テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

理想は身近にある

2010.03.09
理想というと、実現することがきわめて困難なもののように思われがちである。

これを達成しようと志す物の中にも、途中でやめたり、あきらめたりする人は少なくない。

毎日の言動一つひとつが、理想の一部であると思うと、決して失望することではない。


新渡戸稲造 著  「武士道」を貫いて生きるための366の格言集より


理想というのは、ある日突然、一気に実現するものなのだろうか。

そんなことはありえない。

どのような結果が欲しいのかを明確にして、それに向かって毎日少しずつ実現させていくしかない。


私の所属している野球チームも今は一部リーグにいる。

しかし、四年前は、三部リーグで勝ったり負けたりのチームだったのだ。

それが、二部に上がろう。

一部に上がろう。

一部に残留しようと、毎年目標を決めて動き始めたから、今がある。


毎日を理想に近づけていくことが実現への一番の近道であると確信している。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

悔いのない生き方

2010.03.08
さっき、SMAP×SMAPを観ていたら、尾崎豊の「卒業」を唄っていた。

「卒業」。

私が高校三年生のときに発売された曲。

当時、12インチシングルでリリースされた。
(ちなみに尾崎豊のポートレート入り)

バイトして、もらった給料で買って、いまでも実家にあるよ。


ふと、自分が10代のことを思い出した。

私の高校は、面倒なことがなかったので卒業のときに「この支配からの卒業」とは思わなかった。

どちらかというと「つまらない大人にはなりたくない」と私は思っていた。


そんなことを思いつつ、二十年以上の月日が流れた。

「口を閉じて清らかに歩く」ことも「瞳を閉じて偽りの許す」ことも覚えた大人になった。


「本当の真実」や「真心」をつかもうとしていた日々は遠い思い出になった。

それでも悔いの残る生き方だけはしたくない。

何か大きなことをやれば、悔いは残らない人生になると思っていたのは、昔。


どんなことでも毎日を充実させる生き方。

この積み重ねこそが、悔いの残らない生き方でなかろうかと思う、今。

正しい答えを求めようとしないところに、少しは成長があったのだろう。



ちょうど、波のようにさよならが来ました。言葉はもういらない。ただ見送るだけ。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

雨の日曜日

2010.03.07
この週末は雨でした。

近所のショッピングセンターに買い物に出掛けたが、昨日も今日もお客が多い。

雨だからだろうか、あるは他に何か理由があるのか。

そんなことを考えて、買い物をしながら他のお客の動きを見ていた。


日曜日だから、並べる商品もあれば、平日からは想像もつかないぐらい行列ができているラーメン屋など今まで知らない世界があることを知った。

同時にお客の反対側にいる店員の立場から見たらどうだろうか。

この混雑は、店側が作り出したものなのか、それとも偶然か。

また何をすると高い反応を引き出せるのか、それとも何かの規則的な周期があるのか。


雨の日曜日。

雨の日は、雨の日なりに楽しみがある。

ショッピングセンターについて、色々と考えをめぐらしてみた。

頭をいくら使ってもお金はかからない。

最高の娯楽だと思う。




続く



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

異変

2010.03.06
ウェブ検索で異変があった。

見覚えのないサイトが上位に表示されているのだ。

調べてみたら、

ありがたいことに高校時代の友達が自身のブログでここを紹介してくれていたのだ。

素敵なヘアースタイルを目指して・・・  http://blog.livedoor.jp/maki2167/


いつも私は彼にヘアーカットを頼んでいます。

最近は、ソフトモヒカンを入れて、「郷ひろみ」風に仕上げてくれます。
(ちなみに、今年、伊勢神宮で郷ひろみさんと遭遇しました。びっくりしたよ)


私は昔から白髪が多く、いつも髪を染めていたのだけれど、そろそろロマンスグレーの似合う男になりたいと思う。

イメージとしては、ジョージ・クルーニー。


えっ、なに・・・。土台が違うから止めとけって。

ほっとけや。


昔は、織田裕二。最近は、水嶋ヒロに似てると言われているんだ。
(というか、そう言ってくれる人がいる)





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

外に出ない日

2010.03.05
今日は日中の最高気温が20℃を超えたと天気予報が伝えていた。

好天の一日だったのだろうが、私は知らない。

なぜなら、今日は一回も外に出ていないからだ。


一日、室内で仕事をしていた。

誰かに雇われているわけでもないが、自分の意思で仕事をする。

あこがれていた仕事の仕方を実現したわけである。


しかし、このままではいけない。

自分の仕事を収入に変えるという大事な使命がある。

これが実現できて、憧れの生活を手に入れることができる。


自分の意思で起きる。

なぜか勤めているときより、早起きになった。

自分の意思で仕事を始める。

なぜか勤めているときより、早く仕事に取り掛かっている。

自分の意思で収入を決める。

この点だけが、また勤めているときより多くなっていない。


もうすぐ実現するだろうと思うが。






続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

保険の見直し

2010.03.04
二十年ぐらい前に入って生命保険の更新が近づいてきた。

入った当時は、こんな日がくるとは思わなかったけれど、確実にあれから二十年が経ったのだ。

定期付終身保険。

安い保険料なのに、保障が大きいということで当時は流行っていた。


しかし、更新時期が来て、同じ保障を確保しようとすると保険料がすごく高くなる。

そこで保障そのものが必要かどうか、という点から見直した。

終身保険は残し、定期保険部分を一部解約することで必要な保障を確保。

保険料にして毎月一万円を削減した。


その一方で、医師の診断が出た段階で保険金がもらえる医療保険に加入。

結果、従来に比べて差し引き、毎月二千円の削減となった。


ずっと健康で、保険の世話にはなりたくないが、万が一、世話になるとき、まず手元に現金が必要となるので、その対策をした。

できれば保険の世話にならず、健康でいたいものだ。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

曲解されても

2010.03.03
自分が心からしていることを曲がって理解され、残念だと嘆くことはいくらでもある。

人にわかってもらおうと期待する心が大きく、世間の評判は大事なことだと思えば、この嘆きはもっともなことである。

しかし他人の誤解も気にせずにいると、いつかは消えてしまうものである。

「武士道」を貫いて生きるための366の格言 新渡戸稲造 著  より



誤解をされても、誤解されるような態度でいる自覚があったなら素直に反省をする。

そもそも、誤解をしないでくれと言っても、自分自身が他人をどこまで理解していうのか。


誤解というものは、当然、されるし、するし、お互い様のものだと思う。

そう考えれば、常日頃の態度が重要になる。

毎日を大事に生きる。

過ぎたことやこれからのことなどを考えるのではなく、生きているこの瞬間を大事にしようと思う。




続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

自分自身の影

2010.03.02
とかく人は他人のことを裁くのが好きだ。

歩いていれば、乱暴な車の運転に腹を立てるくせに、自分が車を運転しているときは、歩行者をのろまと罵る。

そんなことして、何が面白いだろう。


何を隠そう、私も数ヶ月前までは、自分中心に他人を裁いてきた。

そんなことして何が面白かったのだろう。

そんなことを考えたこときっかけに他人を裁くことを止めることにした。


そもそもなんで他人を裁くのだろうか。

きっと、そこに自分自身の姿が見えるからだと思う。

よく観察してみればわかる。

他人を裁くことを好む人は、自分に自信をもてないような人である。

他人の行動や仕草に自信のない自分の姿が見えるので、それが嫌で裁きたくなるのだろう。

調子に乗って、他人を裁けば裁くほど、自分自身の影を追うことになる。

その結果、待っているのは、厭世と自己嫌悪である。



最近いろいろとあったが、不思議を相手に対し恨みや怒りはない。

相手にもそれなりの事情と必要とする家族がいること考えれば、この世の中に不必要な人がいるわけがないにである。

それよりもなにより、相手が自分の負の部分の塊に見えたことが自分の考えを一変させるきっかけとなった。


他人を裁くより、認めてあげること。

それだけで世界は大きく変る。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

三月

2010.03.01
三月である。

今年も六分の一が終わったことになる。

今日は知り合いの社労士さんの紹介である会社の社長さんとお会いした。

この社長さんもシルバー世代向けの新しいビジネスを始めたいとのこと。

私の成年後見制度を利用したビジネスに興味があるという。


いい機会なので現在制作中の「プランニングノート」のサンプルを見てもらった。

思いのほか高評価だったのが、すごくうれしい。

これからの販売に向けて自信になった。


これからのビジネス展開について意見を交換し、今日はお別れした。

これをきっかけに新たなビジネスが生まれることを期待する。

明日もある会社の社長とお会いする。


どんな話になるか楽しみである。





続く

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。